12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< -キリマンジャロ登頂記- | top |
-さよならミュンヘン-

2006年12月20日


公私共に充実したミュンヘンでの生活ですが、駐在4年半が過ぎ、いよいよミュンヘンを離れる日が来ました。

仕事の引き継ぎとは別に、4年前に立ち上げた日本人サッカークラブ(MJFC)の体制と子ども達の指導をどうするかが大きな課題でした。駐在員が多く、4,5年ごとにメンバーが入れ替わるミュンヘンの日本人社会では、継続的なボランティア活動を維持することは、なかなか難しい課題ですが、参加者のみなさんのご協力で後継体制を構築することが出来ました。

例年だと12月には公園は雪に覆われて雪上サッカーになる時期ですが、今年は異常暖冬で私がミュンヘンを出発する直前の日曜日まで芝生の上でのサッカーを楽しむことが出来ました。私が帰国するということもあってか、最後の17日には悪天候にもかかわらずたくさんの子ども達が参加してくれました。

オカニートが、単身生活にもかかわらず元気に楽しく過ごすことが出来たのは、サッカー仲間だけでなく、たくさんの友達のおかげです。麦の根っことして私を支えて頂いたみなさんに、日本から駆けつけた家内と一緒に感謝の気持ちを伝えたいということで、ミュンヘン出発の3日前の日曜日、12月17日にホテルの宴会場でお別れ会を持ちました。

当日は雨模様のうっとうしい天気にもかかわらず、参加者は、なんと220人!サッカーの教え子達やサッカー仲間、会社の部下達、日本人学校や補習校の先生や役員さん、ケーキ屋さんに肉屋さん、音楽家や音楽学生のみなさん、日本食レストランの方々、カラオケ仲間にキリマンジャロ仲間、そして友達づきあいしてくれた若者達・・・私の根っ子となって下さったたくさんの方々を目の前にして大感激。

会は、私の手品の他、友人達の剣玉、音楽演奏、ジャグリング、落語と盛りだくさんのパーフォーマンスで和気あいあいのお別れ会となりました。たくさんの素晴らしい仲間に見送られてミュンヘンを去ることが出来る自分の幸せを実感した催しでした。みなさん、ありがとうございました!

(本稿を持ちまして、ミュンヘンからの便りは最後となります。ご愛読ありがとうございました。)

以上























minamigaokakc | ミュンヘン便り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: