10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< ミュンヘン便り−No.12− | top | ミュンヘン便り−No.14− >>
ミュンヘン便り−No.13−

2005年8月23日


蒸し暑い日本の夏、いかがお過ごしでしょうか。今年の欧州は、イベリア半島での猛暑と裏腹に中東欧は冷夏となり、当地ミュンヘンでも雨が多く、街の人たちが楽しみにしているビアガーデンは開店休業状態です。

さて、ミュンヘンに来て3回目の今年の夏、ドイツ滞在中に実現したいと思っていたドナウ川沿いの自転車ツーリングに行ってきました。
ドイツのパッサウからオーストリアのウィーンまでの360Kmをドナウ川沿いに6日間で走るゆっくりとしたツーリングです。
ドイツアルプスの北麓に源流を持ち、西から東へ6つの国を経て黒海に流れ込むドナウ川。行き交う国際色豊かな船を眺めながら堰堤上の自転車道をのんびりと走る爽快感は、山岳地形の日本では味わえないものでした。雨上がりの夕方、ドナウ川にかかる大きな虹を見た時の感動、途中で立ち寄った村の人たちの心温まるもてなし、そして34年ぶりに訪れたウィーンの華やかさ・・・・一日一日が思い出に残るツーリングでした。
秋の気配が漂うミュンヘンは、9月後半のビール祭りが終わると、あっという間に暗くて長い冬に入ります。そして仕事の方は、9月からクリスマス前までの三ヶ月間が勝負、これから一気に駆け抜けます。

残暑厳しい折、どうぞご健康には十分ご留意下さい。

以上

minamigaokakc | ミュンヘン便り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: