10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< ミュンヘン便り−No.10− | top | ミュンヘン便り−No.12− >>
ミュンヘン便り−No.11−

2004年8月24日


今年の日本の夏はとても暑かったようですが、皆さんお変わりないですか?合宿では病人は出なかったかな?こちらヨーロッパは、去年の猛暑とは打って変わってとても涼しい夏で、半袖シャツを着る期間がとても短かったような気がします。

先日、HIGOコーチから、6年生が久しぶりに試合に勝って大感激・・・というメールを頂きました。現6年生のこども達が4年生になった春、私が指導を担当する予定でスタートしましたが、ドイツ赴任のため、わずか一ヶ月しか一緒にやれず、大変気になっていた学年です。さぞかし、こども達もご父兄もうれしかったことと思います。冬が長ければ長いほど訪れる春のうれしさは格別です。こども達は、この勝利をきっかけに大きなジャンプをすることと思います。まずはおめでとう!

ところで、オカニートの方は、相変わらずミュンヘンの生活を楽しんでいますよー。7月末には生まれて初めての夏スキー、それからオリンピック前には、ニュルンベルグで合宿中の選手達を激励(?)に行ってきました。伸二くんには特別に「がんばってね」と声をかけて握手までしたんだけど、予選敗退という結果に終わり残念です。

ということで、スキーの写真と小野君との写真を添付します。伸二君の左の女性?彼女は、えーっと、そう、お友達。英語で言うとガールフレンド?

じゃ、秋の大会がんばって下さいね。

以上



minamigaokakc | ミュンヘン便り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: