10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< ミュンヘン便り−No.9− | top | ミュンヘン便り−No.11− >>
ミュンヘン便り−No.10−

2004年5月7日


ミュンヘンに輝く春がやってきました。日曜サッカーで使っている公園の芝生にはタンポポがたくさん咲いていて、遠くから見ると黄色のじゅうたんのようです。


さて、先日の日本代表対チェコの試合、ご覧になりましたか?オカニートは、見てきましたよー。日ごろの行いが良いせいか、と言うか、たまたまチェコの工場で打合せがあり、試合にあわせて前日にプラハに行くことにしたものです。ただ、仕事の都合で早い飛行機に乗れず、プラハ空港に着いたのは試合開始の4時半。タクシーでスタジアムに駆けつけましたが、ちょうど前半が終わったところで、残念ながら得点シーンは見ることは出来ませんでした。それでも、チェコの猛攻をしのぐ日本代表チームの奮闘は見ごたえがありました。海外で見る日本代表チームの活躍に日本人応援団の人達と一緒に「ニーッポン!チャチャチャ」と盛り上がりました。

夕食の後、どうせ暇だから代表チームの泊まっているホテルを覗いてみようと、タクシーで行ってきました。ホテルのロビーでは加治選手がマネジャーらしい人と打合せ中。テレビを見ながらお酒を飲んでると、期待通り、サントス他何人かが遊びに行くためにロビーに降りてきました。ということで、サントス、遠藤、坪井の三選手にお願いして写真を撮らせてもらったのが二枚の写真です。それにしてもサントス君の愛想のないこと。

坪井君は、誰も居ないロビーで話しかけられ、最初は「このおっさん、なんやろ?」と不審そうでしたが、写真を撮る時はにっこりとサービス精神を発揮してくれました。

いろいろ批判も多い、ジーコジャパン。今回の勝利で自信をつけ、良い方向に向かうといいですね。

以上



minamigaokakc | ミュンヘン便り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: