10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< ミュンヘン便り−No.7− | top | ミュンヘン便り−No.9− >>
ミュンヘン便り−No.8−

2003年9月7日


日本は冷夏だったようですが、今年の欧州は記録的な暑さでした。とは言え、標高500mの所に位置するミュンヘンは、どの建物も冷房は入っていません。クーラーのない昼間のオフィスはさすがに大変でしたが、夜は、窓を開けたまま寝ることがある程度で日本の夏に比べれば天国。例年になく長かった夏ですが、9月に入ってからは、最低気温が10度を下回るくらいに冷え込んで来ました。

9月20日からは、オクトーバーフェスト(10月祭)、別名ビール祭りが始まります。16日間の入場者数7百万人と言われる世界最大のお祭りで、今年が170回目。広大な広場にビアホールと遊園地が一緒にあるようなものですが、すごいのは、ビアホールの中。ミュンヘンの12のビール会社が、それぞれ趣向を凝らして建てた万博のパビリオンのようなビアホールの中で、5千人(合計6万人!)の人達が朝から晩まで飲めや歌えの大宴会です。

まあ、観光客でにぎわうオクトーバーフェストに行かなくともミュンヘンには素晴らしいビアーガーデンがあることは、既にご紹介したとおり。先日、ビアーガーデンでおばあちゃん二人連れと相席になったんですが、つまみも何にもなしに1リットルジョッキでビールをお代わりしてい様子を見て、ビールが文化になっている国なんだなあとつくづく感じました。

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」 あまりお酒の強くないオカニートがハンドルを握る時に自分に言い聞かせる言葉です。なんせ速度無制限の高速道路、追い越し車線を250キロの猛スピードで走る車がたくさんいますから。ちなみにオカニートの最高速度は240キロ。

さて、我がサッカークラブの方は、ますます楽しく盛り上がり、8月からは地元のリーグ戦に参加するようになりました。目下三連敗ですが、何はともあれ公園とは違った素晴らしい芝生のサッカーグランドで試合ができることだけで、オカニートはハッピー、ハッピー。驚いたのはレベルに関係なく試合時間が90分だと言うこと。日本だとアマチュアの試合時間は短縮するのが普通ですが、ドイツでは大人は90分が当たり前のようで、私にとっては、生まれて初めて経験する90分間の試合でした。

実は、8月25日の試合、三週間の予定で来訪中の我が女房どのが久しぶりのサッカー観戦とあって、オカニートは大張り切り。試合は負けたけど、トップ下のポジションから全三得点につながるパスも出せて、「どんなもんだ〜い」と大満足・・・と言う所までは良かったんだけど、翌日女房どのが帰国してからどっと疲れが出てしまい、腰痛で未だにヨイヨイです。張り切りすぎには注意と言うこと。

日本はこれからシーズン到来ですが、ミュンヘンでは、サッカーが出来るのもあと2ヶ月。我が家の隣のサッカークラブのシニアの練習は、9月末でシーズンオフに入ります。気が早いようですが、こんどの年末年始、みんなに会える日を楽しみにしています。みんな仲良くやるんだよ。

以上






minamigaokakc | ミュンヘン便り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: