12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| top | ミュンヘン便り−No.2− >>
ミュンヘン便り−No.1−

2002年11月10日

こちらに来て六ヶ月が過ぎました。住居や免許証など身の回りのことがやっと一段落したと思ったら、冬です。明日の最低気温はマイナス3度、最高気温は4度との予報。ベランダから見えるオーストリア・アルプスの山並みが雪で輝いています。
Higoコーチからのお誘いもあり、こちらの様子を「ミュンヘン便り」として投稿させて頂くことになりました。サッカーだけに限らず、一般的なドイツ事情、私の生活など思いつくまま書かせて頂こうと思います。まずは、ミュンヘンのご案内から。
ミュンヘンは、ドイツで三番目に人口の多いドイツ南部の最大の都市。と言っても、人口は横浜の半分以下で、街の中心から車で30分も行けば広々とした緑が広がります。そして、アルプスのふもとまでは車で一時間、オーストリアのザルツブルグやインスブルックにも一時間半で行ける観光やスキーの拠点として便利なところで、ドイツ人に最も人気の高い都市だそうです。緯度は北海道最北端の稚内と同じということで、冬は大変寒いということです。

こちらに来て一番強く感じるのは、ドイツの人たちの生活の豊かさです。市の中心部にも森や芝生の広がる公園がいくつもあり、天気の良い日には、家族連れが芝生の上でお弁当を広げたり日光浴をしたり、木陰のビアガーデンでビールを飲んだり・・・と、これが大都市の真ん中とは信じられないような光景が見られます。お金も時間もかからずに自然の中で家族が楽しめる。一歩家を出れば何をするにしてもお金がかかり、人と車でいっぱいの日本とは大違いです。
私が住んでいるのはミュンヘン市の郊外の小さな町ですが、アパートの隣に市のスポーツクラブがあり、照明つきで素晴らしい芝生のサッカーグランドが3面、人工芝のサッカーグランド1面、テニスコート5面、そしてレストランがあります。サッカーは若手中心のトップチーム、サテライトチーム(二軍)とシニアチームの三チームがあります。私も8月から9月末まで、月曜と水曜の夜7時からクラブのシニアチームでドイツ人達と一緒にサッカーしましたが、別に入会金を取られるわけでもなく全て無料です。
トップチームは地域リーグに所属し、ホームアンドアウェーの試合があります。ホームゲームは、入場料300円の有料試合で、選手の親戚や友達が百人ほど観戦していました。私の所属するシニアチームのメンバーは40歳後半から最年長は78歳のおじいさん。夕方になると自転車で三々五々集まってきます。そして、人数に応じてコートの広さを調整し、約一時間半ひたすらゲームです。言葉は通じなくても「オカノハ、サッカーガデキル」と言うことだけで仲間として迎えられ、一緒に汗を流せたあの経験は、理屈ぬきにとても楽しかったですね。残念ながら、シニアチームは、10月から体育館でのバレーボールに切り替わってしまったようで、グランドでの練習はトップチームだけとなってしまいました。長い冬の運動不足解消のため、近いうちにバレーボールに顔を出してみようと思っています。

以上

minamigaokakc | ミュンヘン便り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: